calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

苗字

0

    GW後半は「おひま」でありますな(大笑)。で、ネットはオモロイですね、真偽は別としても・・・自分の苗字(みょうじ)の由来がわかるサイトがありましたので、カキコしまぁ〜す。

     

    なんでも、ベスト3の名字は・・・

    1位 「佐藤」

    2位 「鈴木」

    3位 「高橋」

    とのことでした。

     

    20140430p01.jpg 

     

    ●運転手の苗字由来(知ってる人は、知ってますな!?)

    【全国順位】 150

    【全国人数】約143,000

     

    1.現長野県である信濃国筑摩郡○○村が起源(ルーツ)である、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)。

    2.現山梨県である甲斐国巨摩郡○○村が起源(ルーツ)である、清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)。

     

    これ・・・平氏と源氏に無理矢理つなげてる!?。もっとも、われの先祖は新潟県の山奥だから、多少は当たっているともいえますね。

     

    ●王妃の苗字由来(結婚前の苗字ですので、誰も知らないにゃ!)

    【全国順位】 3,559

    【全国人数】約3,700

     

    1.現秋田県南部である羽後の豪族、また現福島県、宮城県、岩手県、青森県を含む四県の太平洋側である陸奥、現青森県の西半部である津軽にもみられた。山形県に地名もある。近年、青森県に多数みられる。

     

    当たってますね、王妃は「津軽藩」の寒村ですので、やはり豪族の末裔なのね(恐)、あへ!?

     

    ちなみに、佐藤さんの由来だけ書いておきます。

     

    ●佐藤さんの苗字由来

    【全国順位】 1

    【全国人数】約2,055,000

     

    1.中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。藤原秀郷の子孫、左衛門尉公清が佐藤を称するに始まる。「藤」は藤原の氏を表す。「佐」は下野国佐野庄、または左衛門尉(さえもんのじょう)の職名を表しています。秀郷流藤原氏流は下野国佐野庄発祥。秀郷流藤原姓波多野氏流、岩代国信夫庄発祥の奥州藤原氏流、ほか、相馬氏流、那須氏流等関東に多い理由でもある。尾張氏流、紀伊氏流などもある。家紋は源氏車や藤などがある。ということで、あの貴族の末裔でありますな。

     

     

    てなことで、遊びがてらに自分の名字(苗字)をインプットすれば、その解説がでてきます。

     

    おしまい


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック