calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

利根川と徳川家康

0

    運転手です。なんと知りませんでした、あの徳川家康が関東の江戸に入り・・・利根川の流れを銚子方面に切り替える、大型土木工事をしていたことを!それを「利根川東遷」と言うそうです。

     

    そうそう、この写真は武田軍団に負けたとき、その恐ろしさを忘れないために、書かせた絵だそうです。

     

    20140107p05.jpg 

     

    1.その当時、江戸城は武蔵野台地の端っこに建っており、その前は海(入り江)だった。また、関東平野といいますが、この武蔵野台地と下総台地のあいだは、湿地帯であり(利根川とかの洪水で使い物にならない)、米作もできなかった。

     

    2.そこで、米作できるよう耕地にするため、東京湾に流れ込んでいた利根川を銚子方面に「東遷」したのが、徳川家康です。この両台地のあいだは使い物にならない土地だったと言うことです。だから、北条も小田原で関東を管轄していたことが、理解できます。

     

    20140107p03.jpg 

     

    江戸へ入った諸将は豊臣秀吉が領地替えさせたことに憤懣やるかたない怒りを覚えたそうです。しかし、家康は領土拡張(コメをたくさん取れる農地)ができると考え、この大土木工事に着手したそうです。流石ですね、経営者です。

     

    3.このHPにその歴史が書かれています。

     

    20140107p04.jpg 

     

    4.そういえば利根川水系にはダムがたくさんあります。渡良瀬貯水池を含めて8基。東京の飲料水等は利根川水系が8割、多摩川水系が2割に頼っています。

     

    で、この概念図の意味は・・・水利用する量が16倍、もっとも少ない時期の流量を1倍とした図です。てことは!渇水期に飲料水等の必要な水量を自然流下のままだと確保できない!!ことを示しています。

     

    だから、一時貯留するダムが必要となり、今後も維持修繕しながら使うことが必要かと考えます。

     

    20140107p01.jpg 

     

     

    われわれ人間の都合ではありますが、すべて自然のままでは成立しないこともあります。極力、自然破壊はやめるのは当然ですが、家康がやったように「目的を持って自然破壊する」ことが、必要なケースもあると言うことだと思います。

     

    ということで、利根川の水位はダム放流量により日々刻々とちがっていますので、ここでの本流釣りは、なかなかムズカシイと言えますな。

     

    そうそう、この書籍がとっても参考になり、また有意義なことが書かれています。一度、読んでみてください。そのうち、ブログネタでカキコします。

     

    20140107p02.jpg 

     

    おしまい


    コメント
    兄貴が歴史好きだったので何かの本で読んで知っていかたのかもしれませんが、小学校で歴史を学習し始めた時に先生が「徳川家康が行ったことは?」との問いかけに皆が定番の返答(江戸幕府を開くとか)をする中、オイラだけ利根川の流れを変えたと答えたのを思い出しました。先生も知らなかったようで教室中が「そうなの?」みたいな空気になったような…

    家康が参加した戦は?の問いに皆が関ヶ原と答える中、何か違う答えをと「小牧長久手」と答えるちょっと変わった子供でした(笑)
    • カリメロ
    • 2014/01/25 9:27 AM
    豊臣の時代、屋久島の杉(屋久杉)に目を付けた秀吉は屋久島に年貢の代わりに杉の材木を上納させた。  で、もっと良いものがないかと山奥へ潜り込み見つけた樹齢何千年もの大樹屋久杉をバッサリと切ってしまった。。。これは完全に強欲の自然破壊です。。。が、その木があったおかげでそのもっと奥にある大樹が今もなお生き続けています   その樹は『縄文杉』。。。そして切り落とされてしまった大樹の切り株が『ウイルソン株』です   たしかこんな話だった様な気がします
    ●カリメロさん
    凄し!!われは還暦すぎて、はじめて「東遷」知ったのに、小学生で知識があるなんて(*^_^*)「小牧長久手」なんかじぇったい出てこないよ(*^_^*)

    やはり、教育というか・・・本を読むことは大切ですね(^^)。ネットは手軽だけどさ^^;

    ●小次郎さん
    おお!太閤さんもやるもんですな(^^;)。権力者の横暴であります。もっとも、よっぽど屋久杉が当時でも有名だった証拠ですね。
    • 専属運転手
    • 2014/01/26 8:33 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック