calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

スレマスとライズ

0

    どうも〜お気軽テンカラ釣り人の、運転手であります。激戦区のスレ・スレお魚さんにたちうちするのは、とっても大変ですね。とくにドライ毛鉤で挑戦するのは、フライと比べるとテンカラでは超キビシイであります。

     

    佐藤成史さんの記事からカキコです。

    20131202p01.jpg

    要点は・・・

     

    1.ライズフォームの観察

    2.アプローチは慎重に、ベストポジションを選ぶ

    3.ライズを前にして、考えるそして毛鉤を選ぶ

     

    大きくわけると、2パターン。

     

    ○水面直下・水面下の水棲昆虫の補食

     

    20131202p02.jpg 

     

    水面の虫さんを捕食

    いろんなパターンがありますね。

     

    20131202p03.jpg 

     

    これに・・・上流で羽化した虫さんのシャック(抜け殻)や死んだ虫が・・・水中を流れてくるドリフターになるケースも多々あると思います。まったくもって、ムズカシイであります。

     

    ライズフォームでいえば、

     

    20131202p04.jpg 

     

    ・バルジング

    このパターンは運転手遭遇したことがありません。それほど流れが強くないところに発生するそうです。それも、水面直下を流れる虫を補食することから、鼻先が水面から上に出ることはないそうです。

     

    ・ディンプル

    「微笑み返し」ですね。初冬のTTCの大淵で、よく遭遇するパターンですね。緩やかなフラットな水面で発生しやすく、水面を流下してくる動きのほとんどない虫を吸い込んでいるフォームとのこと。この場合には、毛鉤をお魚さんがよく見るので、見切られるケースも多い。

     

    20131202p05.jpg 

     

    ・スプラッシュ

    興奮度高し。水中のイマージャーやピューパを追いかけ、勢いあまって水面にでるパターンが多い。たまにね、水面や飛翔しいる虫さん目掛けて、ジャンプする場合も目撃しています。

     

    ・シッピング

    これを目撃することが一番多いですね。なんやら、空腹だけどそれ以上に恐怖とか不安心が強いので、毛鉤の前でUターンしたりし、捕食しないケースも多々あるそうです。とくに、スレたヤマメに多いパターンだそうな。

     

    水中の石裏などに隠れてて、お目当ての虫が水面付近を流下してきたときに、それを観察しながら飛び出してくるライズフォームといえる。だから、指で水面を弾いたときのような飛沫が飛ぶパターンになるそうですよん。


     

    とっても感心したのが、以下の3項目ですね。

    1.ライズが流れの緩い箇所なら、リアルタイムで流下している虫ではない。

    2.着水音で反応する魚も多いので、毛鉤を岸壁にあてて落とすのも効果的。

    3.C&R区間などでは、「シャック」を偏食している魚がいる。

     

    なるほろであります、お勉強になりました。しかし・・・でもね、毛鉤の選択に・・・迷うところですね(汗)。

    左から佐藤さん・王妃・倉上さん(神流川イベント時のお写真)

    20131202p00.jpg

    ○引用 2009年7月号

    20131201p00.jpg

    おちまい


    コメント
    もひとつ付け加えでライズフォームから魚の定位している深さと魚のサイズを判断します
    深いところに定位しているライズほど難しく、まぁ〜てんからではほぼとれないです(笑)そしてサイズですが小さな魚はとても捕食がヘタなのでスプラッシュやシッピングになりやすいです  ですがこの二つはとても派手なので「をっ!デカイのがライズしているっ!」なんて思わせてしまうなんたる曲者ライズです
    やっと取れたと思ったら8寸程度だったなんて事は本当によくあります(笑)
    ちなみにスレた魚のライズが何故難しいか?
    これかなり追い食いをします  自分の捕食位置から長い時は3mぐらいずーーーっと毛鉤と一緒に流れて鼻先で確認してから見切るのです
    だからライズが起こる場所と定位している場所が3mもずれているのですからライズ手前に毛鉤を落としてもその毛鉤には反応すら無いのです(涙)  先日も触れましたがこのライズもかなりの時間『観察』をし、そしてチャレンジする事が釣果につながりますね!
    ちなみにK川でライズで尺ヤマメは小次郎は2本しか獲った事がありません  本当に難しいです。。。
    ちなみにライス攻略スペシャル万能毛鉤(笑)  一個差し上げます。。。本当にライズに聞く毛鉤です(笑)
    あっ、、、長々とごめんなさい。。。
    ●小次郎さん
    ほほう!「洞察力」レベルのお話ですな♪

    その万能毛鉤!!いただきやしたぁ〜(^-^)
    • 専属運転手
    • 2013/11/30 4:58 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック