calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

ハリスの太さ

0

    へいっくしょん!?誰か運転手のうわさしてませんかぁ〜(笑)。本日はハリスの太さについてです。頑固にハリス1号でテンカラしてきました。それなりに釣れるのですが、やはり細いほうが・・・もっとアタリがあるかと思う、今日この頃であります(笑)。で、どの程度ハリスの太さに違いがあるか調べたのでカキコです。その結果・・・

     

     

     

    0.3号を1としたときの倍数で示すと、1.0号で1.8倍ですので、うんと太いとはいえないと思うのですが、触ると違いがわかりますね。で、運転手の拙い考えでは、

    ○本流は1.2

    渓流は1.0

    ○里川は0.8

    ○藪沢や管理釣り場は0.5

    にして実釣りし、結果をだそうと思っています。当然ラインも相違するのが妥当でしょうが・・・基本は・・・シューティングラインでやりたいな(汗笑)。

     

    そして、ハリスはどこのメーカーか?と聞かれれば、かってにここを推奨です。

     

    ○ハリス1.2号・1.0号・0.8

     

     

     

    このFXはフロロカーボンですが、経験上なかなか優れものだと考えています。

     

    ○ハリス0.6号以下

     

     

     

    鮎用のフロロカーボンハリスです。FX0.8号までしかないので。

     

    ○ナイロンハリス

    ブジノラインさんが新発売したテンカラ専用のハリスです。1.5号〜0.4号の7種類を発売しています。これ!なんやら評判がいいっすよん。運転手はまだ使用したことないのですが、評判GOODのため、ここにご紹介しました。

     

     

     

     

    さて、ガンバルマン!えい・えい・おうぅぅ〜♪

     

    おちまい


    コメント
    価格重視のオイラは、基本的に千円以下(笑)
    最近では、どの釣りでもサンラインのスーパートルネードを好んで使ってます。
    あとは、モデルチェンジなどで在庫処分となった特価品があったら買っておきます!今、0.8で使っているのはダイワのタフロンで、1.2はシーガーフォースです。

    • カリメロ
    • 2013/05/28 7:45 AM
    ハリスの選択は同感でございます。
    GMシリーズは高価ですが、安物を頻繁に交換したり、合わせ切れしたりで、結局ランニングコストとしては、あまり変わらないのでは。
    フジノテンカララインは、今までのナイロンハリスのイメージを払拭する物でした。
    • ぺたうろ
    • 2013/05/28 8:42 AM
    ●カリちゃん
    ふむふむ、それで特に問題ないと思います。けどさ、万が一ハリス切れすると肩が落ちるので(苦笑)、ここは安心感で高価なハリスにしています。

    ●ペタさん
    お!同意見ありがとさんですな。われも沢山のメーカーをトライしてないので、そこはデータ不足ですがハリス切れしたことないので(掛かっても)。これで良いかな?と思っています。
    • 専属運転手
    • 2013/05/28 5:06 PM
    小次郎は逆に安いハリスを愛用します
    そしてランニングコストがかからない分しょっちゅう交換します
    そしてもし合わせ切れやハリスを切られた場合はハリスのせいにしないで自分の愚かさを恨みます
    特に合わせ切れは結び方と合わせ方のどちらかをおこたったらおきてしまいますので両方にのクオリティーを上げ、自分を高める様にしています
    かかってしまえば安いハリスでも0.6号で50センチぐらいの虹鱒やヤマメでしたら切られる事はまず無いですね!
    あっ、、、無理したらそりゃぁ〜ダメでございやすが・・・
    ●小次郎ちゃん
    なるほろね。それがね歳とるとさ、ハリス交換もめんどくさいのよね(汗笑)。だから・・・前回のハリスと毛鉤で・・・すぐ釣り始める・・・ダメダメ運転手なのよね(大笑)。そうかいな!0.6で50cmまでとれますか(驚)。だったら、ハリス1.0号止めるかにゃあ〜。あ!!!技術のレベルに差があること忘れてたなり。
    • 専属運転手
    • 2013/05/28 8:04 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック