calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

一等地に入らない

0

    おは!わが王国のキャッチフレーズに誤りがありましたので、ここに訂正させていただきます。



    あははは!真実をとらえておりますぜ、旦那(大笑)。

    ○一等地に入らない

    ほえ?なにが!?・・・そうです、ここ大事なキーワードですね。われら釣り人から見て1級ポイントと呼べるところに居ないのが「大イワナ」。で、誰が見ても1級ポイントと思われる一等地の頭に入るのが「大ヤマメ」とのこと。

    なるほろ〜、深いお話で(汗)。ここでは、大イワナについてカキコです。

     

    20130223p01.jpg 

     

    体長40cm以上の大岩魚さんが育つには最低4年以上かかり、全体の1%にも満たない貴重なイワナさんだそうです。釣るための秘訣としては、大岩魚さんがエサを捕る場所を見つけることが重要とのこと。

     

    ●春

    流芯からハズレタ流れでエサを捕食している。とくに、底石などによってできる流れの巻き返しはエサが同じ場所を廻っているので最高のポイント。また、水深(1.5m程度)があり、大石などの隠れ場所があるところ。大岩魚さんは底に居る川虫を直接食べることもあるので、底狙いが重要である。

     

    ●盛期

    大岩魚は流芯のある一等地には定位せず、常に障害物の側など流れの緩い脇のほうに着いている。一等地は2番手か3番手のイワナが陣取っているそうな。一級ポイントに良型イワナが数尾見えることもあるが、それ以上の大物は別の場所にいることを肝に銘じることがキーポイント。

     

    なんでも、大岩魚さんが流れてきたエサをとりに動くと、2・3番手のイワナはその場からすばやく移動し、大岩魚さんにゆずるらしいっす(驚)。

     

    ●秋

    大岩魚さんはナワバリを捨て、産卵場所やペアリングの相手を探しながら遡上する。この時期が最高に釣るチャンスである。

     

     

    なるほろ〜〜お勉強になりました。ネタはこの書籍から引用しました。

     

    20130214p00.jpg

    おちまい 


    コメント
    一等地に住みたい(笑)

    いや、やっぱり住むなら川の近くですね〜

    どちらかというとヤマメちゃんが釣りたい私なので岩魚氏の棲家はタルミという勝手な概念がありました。
    • こば
    • 2013/02/23 3:20 PM
    ●こばちん
    一等地とな!?あきまへん、固定資産税凄し!やめておいたほうがいいっす(汗)。
    • 専属運転手
    • 2013/02/23 9:07 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック