calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.30 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ハリス考

    0
      TENKARA大好き運転手です。ハリスについて考えたことをカキコです。フライの世界では「ティペット」といいますな、ハリスのことをね。フライ雑誌などを読んでいると・・・ティペットは5Xとか?書いてあって、なに??といつも思っていた運転手。また、lb?ポンドだから重さの単位、あへ???

       

      で、ネットでキチント調べたら・・・このようになっていましたぜ、旦那!なんでも、このX表示を決めたのは米国の釣具製造組合とのことですが、日本では一般的に以下のようになっているそうです。

       

      20120814p23.jpg 

       

      で、1X相異すると直径が約0.03mmちがってきます。しかし、この差は目視や触感だけでも、けっこう相異していると思う、運転手です。

       

      運転手はズボラだから・・・太いと大物がきても切れにくいだろうし、枝や岩に毛鉤が引っかかっても、回収するときにハリス切れが少なく、めんどくさくないと考えて、通常は1号(4X)です。王妃には、一般的に推奨されている0.8号(5X)を使わせています。細いハリスのほうが喰いがいいと考えてね。

       

      なお、ミッジなどの場合には、より細いほうがGOODだと思い(ハリス切れの心配もありますが)、0.6号とか0.4号でやりたいな>腕によりますな(大笑)。

       

      では、どんなハリスがいいのか?ナイロンとフロロがありますな。その特徴は、

       

      20120814p24.jpg 

       

      フロロはナイロンと比較すると、

      1.水に沈みやすい

      2.水を吸って弱くならない

      3.しなやかさに欠ける(アタリは伝達しやすい?)

      4.紫外線劣化がほとんどない

      5.岩にあたるような擦れに強い

      6.柔軟性がない

      7.水の屈折率に近いので、目立たない

      8.結んだところで、切れやすい

       

      てなことが特徴です。で、最近はナイロン系でもフロロ系でも欠点を改良したいろいろなハリスが市場に出回っています。どれがいいの?おせぇ〜〜て(^^)^^;(^^)

       

      テンカラでドライ系の釣り・水面直下の釣り・ビーズヘッドつけた中層、深層のニンフ系やウェット系の釣りがあると思いますが、やはり吸水性がないフロロ系がベストの選択だと考えます。確かに、比重はナイロン系と比較すると重いですが、浮かせたければハリスにフロータントを塗れば済むことです。フロロ系のほうが水中では目立たないのもメリットですね。ただし、なるべくナイロン系と同様に柔軟性(しなやかさ)のある物がベストだと思います。

       

      そんなこんなで、ハリスメーカーをネットサーフィンして、自分で結論だしました、2種類発見なり(大笑)じつに適当で、いい加減な運転手ですぜ。

      1.シーガー

      フライの世界で有名な杉坂さんのネットSHOPでの「謳い文句」に納得して。これだすぜ!クレハ製のシーガーです。

       

      20120814p04.jpg 

       

      この会社のHPを見ると、

       ・素材からの開発はクレハだけ

       ・40年の実績。独自の製造方法

       ・詳細で厳しい独自の検査・分析

      が売り文句となっています。信用しましょう(笑)。

      で、当然製品群の中でも単価の高いグランドマックスシリーズがGOODだと思います。ハリスは消耗品ですが、なるべく耐久性があって、ハリス切れの心配が少なく、特に糸ヨレや縮れに強い物がベターだと考えています。このシリーズでも、3つの製品があります。

       

      20120814p32.jpg20120814p31.jpg20120814p30.jpg 

       

      図の見方を下に明記します。

       

      20120814p02.jpg
       

      総合性能で1番がグランドマックスFX、次にリアルFXです。

      ●グランドマックスFX60m巻)

       0.8号・1号   : 定価3,200

       1.2号・1.5号 : 定価3,400

      ●リアルFX60m巻)

       0.8号・1号   : 定価2,600

       1.2号・1.5号 : 定価2,900

       

      で、0.8号未満のハリスがありません^^;な。お魚さんがスレているC&R区間などでは0.6号とかを使うのも一つの手だと思います。クレハさんでは、やはり鮎のハリスが一番商売になると思われ、探したらこれがありました。

       

      20120814p03.jpg 

       

       ●スーパーGM鮎(50m巻)

       フロロカーボン鮎専用ライン>これだと鮎師は飛びつきますね(笑)。

       「強さ」と「しなやかさ」を合わせ持ったハリスです。

       0.6号・0.5号〜0.1号各種サイズ : 定価2,800

      ね!高いでしょ(^^;)。ちなみに1mあたりの単価だと56/mです。


      2.バウオ 

      さて、もう一つは世界の東レが販売しているこの製品です。キャッチコピーが気に入りましたぜ、旦那(^^)

       

      ●バウオ スーパーハードプレミアムプラスハイグレード(100m巻)

       フロロカーボン史上最強ライン!にぐっときましたぜ(笑)。

        3lb(約0.9号)・4lb(約1.2号)5lb(約1.5号):定価3,200

       
      20120814p25.jpg

      20120814p26.jpg


       

      以上、0.8号で、1mあたりの単価で比較すると、

       グランドマックスFX 3,200/60 =53.3/m

       リアルFX      2,600/60 =43.3/m

       バウオハイグレード  3,200/100 =32.0/m

      となります。さあ〜て?どれにします(大笑)。


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.30 Saturday
        • -
        • 07:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        比重だけ見るとフロロの方が沈むように思えますが…では簡単に沈むかと言えば沈みませんよね。
        ナイロン派だったオイラも最近はフロロ使ってます(笑)
        • カリメロ
        • 2012/08/18 8:06 AM
        ●カリちゃん
        そうそう、簡単には沈まない>ここ大事ですな。
        1日いや2日間使用してもFXだと大丈夫い・ぶい(^^)。なお、FXだと1号は0.8号と比較すると、明らかに糸よれ・縮みが少ないですよ。
        • 専属運転手
        • 2012/08/18 9:09 AM
        今使ってるのはシーガーエースです!
        海ではシーガージュニアですが…テンカラで使用しようと思ったら1号からでヤメましたが、最近は見かけません(泣)
        基本的に販売価格千円を目安に選んでます!
        • カリメロ
        • 2012/08/18 1:08 PM
        糸もこだわると際限がありませんね(^^;)
        拙者、2000円以上の糸は使ったことがありません(^o^)/
        • 政宗
        • 2012/08/18 10:00 PM
        ●カリちゃん
        シーガーエースね♪う〜む・・・ハリスの価格と釣果は比例しませんな^^;(^^)^^;。

        ●政宗公
        あははは、やっぱし(^_-)ね。
        • 専属DRIVER
        • 2012/08/19 3:59 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック