calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

砂糖と飲料水

0
    にゃあ〜!?糖尿病のからふる運転手であります。ということは・・・甘い物は食べれません。ケーキ・和菓子やジュース等、王妃にきつく飲食禁止を言い渡されておりますぜ。そうそう、果物もいけないのであります(-_-;)
     
     20151109m (1).jpg
     
    運転手の大好きな「たい焼き」・「どら焼き」を食べれないのが、とっても無念でありますな(T_T)あんこが尻尾まで入っていても・入らなくても、どちらもOKですよん!ワン。
     
     20151109m (4).jpg
     
    さて、WHOの2003年レポートによると摂取量の勧告として「砂糖は1日の摂取エネルギーの10%に抑える」ようにとのことです。で、健康な成人一日の摂取量を2,000kcalとした例だと・・・
    2,000kcal×10%=200kcal/
    砂糖1gは約4kcalとのことなので、200kcal÷4cal=50g/日
     
    砂糖は1日50g以下に抑えなければいけないとなります!!
     
    飲料水500mlあたりに含まれる糖分は?むむむ!多くありませんか(驚)。
     
     20151109m (2).jpg
     
    スティクシュガーの本数で示すと・・・アヘ!
     
     20151109m (3).jpg
     
    ●飲料水(500mlあたり)
    砂糖の量  スティックシュガー(3g/本)
    炭酸飲料   50g       16.5
    果汁入り飲料 47.5g      16
    ウォーター系 40g       13
    スポーツ飲料 25g       8.5
     
     
    どっかぁ〜〜ん!!!
     
     
             20151109m (5).jpg
     
     
    喫茶店でコーヒー頼んで付いてくるスティックシュガーは1、2本だもんね!
     
    ちょい前まで運転手は生業先で缶コーヒー5本ほど毎日呑んでいましたなぁ〜(唖然)。「微糖」とか書いてあるけど、これだけ飲めばアウトです!!
     
    だから、糖尿病にもなるわけです。知っているんですよ、体に悪いことぐらい。しかぁ〜し、これにトンカツ・天麩羅・鶏の唐揚げとかパクパク食べて毎日タバコを40本吸っていれば・・・やはりいいわけがありやせんね。結局「心筋梗塞」ですもんね!!!
     
     20151109m (6).jpg
     
    なんでも、サッカーの試合の際、選手たちがちょこちょこ飲んだり、体にかけたりしているあの液体も「ただのお水」だそうで!!選手達はハーフタイムにバナナやゼリー飲料等でエネルギーをチャージしているとのことです!
     
    もっとも、1時間以上の運動や大量の発汗、炎天下での作業など、こういった状態の時は、汗とともにミネラルもたくさん失われ、水分補給だけでは体が持たなくなってしまうとのこと。
     
    これらの際は、スポーツドリンク等の適度な糖分やミネラルが含まれているものを摂り入れる必要があるそうです。が!だからといって、ごくごく飲んでしまうと砂糖の摂り過ぎになり、逆に疲れやすくなってしまう場合があるそうな。
     
    運転手なんぞ、このタイプでした!!たくさん飲んですぐ「疲れたぁ〜」と叫んでいたと思います。
     
    ●こんなときのおすすめは・・・
     
    そこでオススメなのが、市販のスポーツドリンクを2〜3倍に薄めて飲む方法だそうです。なるほろね!
     
    運転手は知りませんでしたが、薄目に配合してある赤ちゃん用のイオン水がおすすめです!と聞きましたよん。
     
    やはり糖分の少ないウーロン茶や緑茶のペットボトルが一番よさそうですぜ、旦那!
     
    おしまい

    コメント
    夏場の釣行では自宅で粉のスポーツ飲料を2Lペットボトルに作り持参することがあります。1袋1L用ですが濃すぎず薄味で丁度いいです。
    • カリメロ
    • 2015/11/10 7:45 AM
    ●カリちゃん
    ほほい!その方法がベストですね。真似しまぁ〜す♪
    • からふる運転手
    • 2015/11/10 2:34 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック