calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

老後破産

0
    さてさて、ネット徘徊していろんなネタを知りましたので自分なりに整理してカキコしてみたいと思います。運転手のような、ごく普通の平凡なサラリーマンでさえ、老後に「破産」という思いがけない事態に直面しているケースがあるそうです(唖然)。
     
    私たちがつつがなく天寿をまっとうするまで生きるには、いったいいくらのカネがかかるのだろうか???。
     
    まんず、当たり前のことですが日本人の寿命は延びていますな!
     
     z01.jpg
     
    ごく簡単に表現すると・・・
     
     ●男性=平均寿命 80歳 男性のほぼ60%が80歳まで生きる
     
     ●女性=平均寿命 87歳 女性のほぼ60%が87歳まで生きる
     
    ね!!こういうデータ見ると、「からふる王国」も長生きすることになりますな(汗)。
     
    そして、とんでもない例がありました。コレ!
     
     z01-1.jpg
     
    60歳で退職金たくさんもらって、すべての貯金が3千万円!あっても70歳ほどで破綻する、と警告してます(超大汗)。
     
    で、タイプ別に場合分けした、「平均寿命まで生きていくのにかかるカネ」の金額の一覧を計算した結果だそうで。まんず、a〜eのどのタイプになるかを知る。
     
     z03.jpg
     
    計算条件としてこんな仮定で算出したそうです。
     
     z04.jpg
     
    で、男性が65歳になったときに・・・平均寿命80歳まで生きた場合に必要な金額を算出した結果だそうです。
     
    これが、とくに贅沢でもなく簡素すぎもしない、標準的な生活を送った場合の支出の合計だそうです。にゃんと4〜5千万円は必要とわかりますね!
     
     z07.jpg
     
    たとえば、夫婦で持ち家の「a」のケースだと、
     
     ●男性が80歳になるまでに必要な支出費用=5,286万円
     
    もっとも、リタイア後といえど夫婦の基礎年金・厚生年金などで収入はあるので・・・それを差し引いた金額・・・
     
     ●2,012万円の「現金預金」があれば破綻はしないよ!!
     
    ということです。
     
       アホか!!!!!!!
     
         2千万円の貯蓄ありますか!?

     
    簡単に結論を示せば、
     
    生きれば生きるほど、赤字が拡大し、貯蓄を削って生活していかざるを得ない。

     20151011z (2).jpg
     
    こんな架空の計算をしてもしかたがないのですが、一番基礎的なことは「出」と「入」をキチント把握することだと思いました。
     
    とくに!支出をできるだけ減らすことですよね。しかし!!テンカラ費用はゼロにしたくないし・・・もっと・もっと精査が必要だと思ったしだいです。
     
    おしまい

    コメント
    退職金なんてたかが知れてますし73才まで住宅ローンがあります(泣)
    まぁそこまで生きて無いと思いますけど(笑)
    • カリメロ
    • 2015/10/13 6:10 PM
    ●カリちゃん
    なははは!現実はキビシイですもんね。

    生きていない!?やはり・・・妻だけ!!ですな。(涙)
    • からふる運転手
    • 2015/10/13 9:14 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック