テンカラ竿@初心者マーク

0

    平成23424日、TTCで開催された吉田代表の「テンカラ教室」に参加し、われら夫婦ともどもテンカラに開眼してしまいました(しなければよかったと後悔しておりやす(大爆笑))当然、発売されたばっかりの吉田代表出演DVD「テンカラ1尾釣るまで塾」を事前に購入し、予習してから参加でした。ハリスと毛鉤の結び方など基本が収録されており、ほんとうに良かったです。このDVDと実地ご指導で>目が覚めた!餌釣りよりオモロイ!!とね。その後、いろんなテンカラ竿を購入してバリバリFISHING♪でも、買いすぎですな(大汗)

     


     

    そこで、テンカラ歴1年もない超初心者からの提言です(あくまでも自己責任ですからね、運転手を信用してはダメダメよん)テンカラ竿を1本だけ購入するならば・・・どんなのが良いのかと、聞かれれば・・・

     

    ●長さは3.6mを1本購入

    当然、3.3m3.6m3.9mと本流用の4m以上があればいいのですが、費用がかかりすぎですね。そこで、枝沢〜源流〜渓流でオールマイティに使用するならば、竿の全長は3.6mで良いと考えます。源流のように枝がたくさんあって振込みがやりにくい場所では、座って竿をふれば3.6mでも大きい問題は発生しないと思います。(大は小を兼ねるといいますから・・・)

    ●どのメーカーの竿がいいのか?

    これは難解ですね(^^;)運転手の独断と少ない経験で言えば・・・

    1.ポイントへきっちりと飛ぶ調子を持った竿

    2.お魚さんが釣れ、スムーズに手元に寄ってくる竿

    3.初心者には、重い竿は疲れるのでダメ

    (簡単に言えば90g以下で60g以上。70g程度を推奨)

     

    ●で、どこの竿?

    といわれても・・・値段と竿調子を考慮し、一般的なメーカーで運転手が触った竿の中から推奨するのは、(シマノでは本流テンカラZEしか持っていないので、本流用のため今回は除きました)

     


     

    1.天空テンカラ 渓愚カスタム 上州屋さんの独占販売

    ただし、本年中にNEW竿が販売されるとの情報があります。当然、こっちですね買うなら。(なお、けっして堀江師匠へのゴマスリではありませんよ)

    これが現段階の総合評価としてはベストです。価格も1万5千円はしないと思います。はやくおNewがでないかな(^^)

    2.テンカラ燕翔SF LT36 ダイワ

    これもGOODですよん。定価は2万7千円。源流・渓流に適しています。

     

    そう言いながら、運転手が現在メインにしている竿は、テンカラ燕翔SFLL36を使用しています。(定価2万7千円)この竿は胴調子でお魚さんがかかると、かなり竿が曲がりますので(5:5調子)、釣る楽しみがありますがお魚さんを寄せる力がLT367:3先調子)より弱いです。どちらかと言えば源流ではなく開けた渓流用ですね。なお、LL36は自重75gLT3685gですので10g軽いです。ということは、振りやすい竿とも言えます。ただし、しまい寸法はLL36のほうが長くなります。(ピンポイントへの投入能力ならLT36が優れているかな)

     






     

    あくまでも初心者が1本購入する前提でのお話です。なれてきたら・・・シマノのインストラクターをやられている石垣先生のNEW竿(本年12月には販売?)とか榊原さんの鬼竿は、すっごくGOODです。次のステップで購入してみてください。きっとちがいがわかりますよん。もっとも、総合能力を考えると「天空テンカラ」のNEW竿がベストかもしれませんね。(試し振りしてますので)

     


    コメント
    確かに渓愚シリーズは性能、値段ともにGood!ですよね!!!
    テンカラ大王様の新竿は、竿がレベルラインを飛ばしてくれる感じで、ちょっと慣れが必要と言われるレベルラインの振込も簡単にできると思いました〜
    カラフル王国ではどれだけの武器(竿)を配備してるのですか!?
    • KW
    • 2012/02/12 9:01 PM
    まぁ〜びっくり!
    まだ初めて一年に満たないのに何丁武器持ってるですか?(我ながら若干貢献しましたけど(笑))
    今オイラがもし竿を購入するなら迷わずがまかつの水舞40です。30→35→40のマルチですからこれ1本で源流から本流まで対応できます。
    • カリメロ
    • 2012/02/12 10:14 PM
    今日もお世話になり、有り難うございました。
    竿選びねぇー、失敗のない選び方をしてもらいたいですが、これはなかなか難しいですよね。最初の一本は安くても良いかも。高いの買っても、自分の好みじゃなかったら、散財に終わっちゃうしね。最初の一本は、その後に道具選びをするための「見る目」を養うための初期投資だと思います。安くても良い竿って結構あるしね!
    • 品川K
    • 2012/02/12 10:15 PM
    カリメロさん
    実は私、赤竿二本の次に連発購入したのは水舞40です。
    まだ封も切っていませんが、あの1メートルのズームが漁港のランガンで高さの違う堤防に対応出来そうなので買いました。

    アレ?
    海の話ではありませんでしたっけ??
    • 代表
    • 2012/02/12 10:37 PM
    代表さん
    オイラは水舞45を持ってますが、35で使っていると持ち重りも気になりませんが、一段延ばして40にすると重心が変わるのでまったく違う竿のように持ち重りを感じ、さらに一段延ばして45にすると…振るの大変です(泣)45で使うことは皆無です。
    ちなみに慣れとは恐ろしいもので最初から40で使用していると、さほど気になりません(笑)
    ただ、水舞40を4mで使うのと水舞45を4mで使うのとでフィーリングがどの程度違うのか気になります。
    いずれ散財の予感が…あのカラーリング好きだし(笑)
    • カリメロ
    • 2012/02/12 11:59 PM
    ●KWさん
    ほいな、そのうちお写真で紹介しますかね♪あ!王妃の知らないのもあるし・・・(汗)
    ●カリちゃん
    武器はいろいろ、えへへへ。だが「がまかつ」さんのは購入していないなぁ〜・・・ズームね♪
    ●Kさん
    >「見る目」を養うための初期投資
    さすが!そうしないで、すぐあれこれ買った運転手でした(大汗)赤竿もある日突然に手が伸びてたし(笑)
    ●代表さま
    >高さの違う堤防に対応出来そうなので
    なるほろね、それ絶対あり!でしょう、運転手ならすぐ買ってますね、その状況だと(笑)ま、代表ほどは散財しておりやせんぜ!(大笑)
    ●カリちゃん
    そこがズームの問題点ではありますな!が、もう1本絶対に購入するなぁ〜、そのコメントだと。買って、その違いをおせぇぇ〜て♪GOODだったら、水舞40購入しまぁ〜〜す(^^)。
    • 専属DRIVER
    • 2012/02/13 4:49 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック