calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

福田和彦さんの誘引釣法

0

    エサ釣りでも最近は「誘引釣法」が話題になっていますので、DAIWAさんのWEBSITEよりご紹介です。

     

    DAIWA

     

    20141225p14.jpg 

     

    このサイトの右上に「コラムの広場」があります。ここをクリックすると、誘引釣法の説明がありますよん。

     

     20141225p13.jpg

     

    ●提唱・開発者 エサを自然のままに流すというこれまでの渓流釣りの常識を覆し、エサ釣りにテンカラやフライ、ルアー的な要素を加えることでより積極的に渓流魚を「攻めて釣る」のが誘引釣法。釣法を提唱するのは福田和彦氏。

     

     20141225p01.jpg

     

    ●引いて、誘う「誘引釣法」の肝

     

    「渓流魚にどの位置からエサを見せるか?」でドリフトを考える。

     

     20141225p10.jpg

     

    引き釣り ⇒ 高活性時

    一番活性が高く、水面を見ている魚には自分の背後から突然!登場するエサに過剰な反応を示すので「引き釣り」が有効。クロカワ虫の亜成虫や成虫が水面直下を泳ぎ回る動きを演出している。

     

     20141225p09.jpg

     

    狙いの筋の下流に仕掛けを投入し、オモリで引き波がでる程度のスピードで餌を水面直下に保ったまま筋に沿って上流へ引き上げることで、水面へ魚を誘い出す「誘引釣法」の中で最もエキサイティングな方法。

     

    ●ウェット釣法 ⇒ 高活性時

    流の筋に定位し、流れてくる水生昆虫などを盛んに動き回って捕食している時に有効な釣法。川底から水面に向かってエサが舞い上がる動きは水生昆虫の羽化時や流された水生昆虫が水流で舞い上がるようすを演出している。

     

     20141225p08.jpg

     

    狙いの筋の川底へ仕掛けを流し込み、狙いのポイントの前で竿を聞きあげ、テンションを掛けることで餌を水面へ舞い上がらせて魚を誘う。

     

    ●止め釣り ⇒ 低活性時

    食い気はあるが流の筋に定位してエサを待っているような状況では「止め釣り」が有効。流された水生昆虫が川底へ落ちていく動きを演出し、魚にとっては視界の上から目の前に落ちてくる最も楽に捕食できるエサと感じる。

     

     20141225p07.jpg

     

    ポイント前で竿先を完全に止めてジッと動かさないのがコツ。そうすることで仕掛けが緩い流れを見つけてエサを川底へと導いてくれる。

     

    ●ナチュラルドリフト ⇒ 低活性時

    そして、最も活性が低く、魚が川底近くに定位し目の前に流れてくるエサを捕食している状況においては、魚の視界の前方から目の前へ流れてくるように細糸でゼロ釣法のように流すのが有効となる。

     

     20141225p06.jpg

     

    魚の活性は季節や水況、天候や時間帯そしてポイントによって変化する。しかし、福田氏は「ある程度の魚の数が居る大場所などでは上記4つのテクニックで同じポイントを探っていくことで、今まで釣り切れなかった魚まで釣れるようになる。」と明言している。

     

     

    ふむ・ふむ・ふむ!

    1.テクニックとしてはテンカラと同様ですよね。

    2.オモリ(ショット)の重さ選択もテクニックのひとつ。

    3.また、オモリとエサ(毛鉤でも)の距離も大事な肝かと。

     

    で、仕掛けはこんな感じであります。

    ●普通仕掛け

     

    20141225p04.jpg 

     

    ●本流仕掛け

    本流だとオモリ(ガン玉:1〜4B)とハリの間、すなわちハリスを約1mと長くしているのが肝かもしれませんね。

     

     20141225p03.jpg

     

    おちまい


    ライズとエサ釣り

    0

      ちと夏風邪ですかね?運転手です。おもろい記事がありましたのでカキコします。鬼怒川本流釣りで、太糸とロングハリスでたくさんの大物を釣っている、山口日出男さんの記事です。

       

      20140316p05.jpg 

       

      昔は道糸0.3号でハリス0.3号の長さ30cmでやっていたが、やはり50cmオーバーの山女魚はハリスが切れた。そこで、道糸0.6号としハリスは0.6号の長さ60cmとして実践しているとのこと。昔はナチュラルドリフトだったが、底波をきちっととらえ、エサ先行で流すには、デッドドリフトのように道糸を斜めにして流すことにしたそうです。

       

      20140316p04.jpg 

       

      20140316p03.jpg 

       

      瀬とトロ場ではハリス長さを変える。短いハリスだと暴れてエサが不自然に流下していると考えたそうです。なるほろね!

       

      20140316p02.jpg 

       

      ●ライズしている魚をエサ釣りができるか?

      結論、可能!出来た!!

      ライズポイント手前で竿を止めれば、自然と底に入っていたエサは吹き上がる。このときに釣れるそうです。

       

      20140316p01.jpg 

       

      ただし、仕掛けを目一杯下流に流すことになるので、魚が喰いついたときには自分も魚と一緒に下流に走らないとダメ。おもいきって、竿を放しその後下流で竿を回収することもある、と書かれていました。

       

      この方法で・・・テンカラでBH毛鉤あるいは通常の毛鉤でも、ライズポイント前に吹き上げることも可能かな?と思いました。もっと言えば、エサ竿に毛鉤つけても出来そうだと、秘かに思う運転手でした。これ、本流で試してガッテンする予定(笑)

       

      ○渓流釣り2010 

      20140316p06.jpg 

       

      おしまい


      エサ釣りの取り込み

      0

        エサ釣りの先達ですね、野田正美さんの記事をカキコしますね。この写真、サクラマスの57cmだそうです(唖然)。アタリが目印にでて合わせるのですが、野田さんは、こんなことを言ってます。

         

        20140403p01.jpg 

         

        1.アタリが大きい : うまくエサがポイントに流れていない

        2.アタリが小さい : 理にかなった流し方ができている

         

        ほほう!なるほどね尊敬です。このイメージ、テンカラにも結びつくのではと思っています。で、野田さんの大物を狙うテクニックをこんな表現で示しています。

         

        「底波を捉え、底波と同速、もしくはその流れより遅く流すこと」

         

        だそうです。なんとなく賛同します、運転手。で、もしも大物が掛かったときの取り込み方法を図で解説しています。

        20140403p02.jpg

         

        1.△隆箸鯲てる

        底へ逃げようとする。すると魚の力と水の抵抗がかかり、ハリス切れやハリはずれが起こる。→いつも運転手は、テンカラでも無意識に竿を上げているので、おそらくこの状態です。だから、バレるのが多いと考えています。

         

        2.ヒットしたら竿を寝かせる。そのまま下流へ2〜3m移動し、曲がっている穂先の位置に水平に立つ。これで、魚の行動変化に対応していく。穂先が絞られたら下流へ、穂先が緩くなったら上流移動。

         

        3.そのうち魚は対岸へ走る!このとき竿を立て過ぎると予測不能の走りをする。竿を30〜45°でうまく対処する。

         

        4.魚が弱ってきたら「扇返し」で緩い流れの場所に魚を誘導する。

         

        5.魚がすぐ横たわっても安心しない、ここで走られること多い。竿を天に突き上げても、魚が横たわっているときがタモをだして取り込むタイミング。

         

        20140403p03.jpg 

         

        「最後まで気を抜かない」。取り込みは、「読み」と「根気」

         

        なるほどであります(驚嘆)。運転手もエサで大物掛かっても、この穂先の位置に移動することをしないで、バラしたりしてましたねぇ〜(悔)。

         

        基本、テンカラでも「取り込み方法」は同様だな!と思いました。

         

        ○別冊フィッシング第58

        20140401p00.jpg 

         

        おしまい


        川虫とエサ釣り

        0

          エサ釣りに使うエサは、一般的に川虫とミミズさんですかね。あとは、ブドウ虫ですかね。昔はエサ釣りのわれら、ミミズさんが常用でしたね。なんせ、川虫採取するのがメンドイので(汗)。川虫ではクロカワムシが一番取りやすかったのを覚えています。

           

          運転手が整理した図はこれですな。

           

          20140618p10.jpg 

           

          さてさて、刈田さんが書いた記事と写真からカキコします。

           

          20140618p08.jpg 

           

          まんずこれ!ピンチョロは緩い河川の溜まりなんかに生息してますかね、ピンピンとも言っていました。

           

          ●カゲロウ

           

          20140618p03.jpg


          そうですね、ヒラタと言うよりはチョロと呼んだ方が運転手には馴染みがあります。

           


          20140618p04.jpg 20140618p05.jpg  

           

          ほほう、オコムシとかナデムシとも呼ばれるのね。

           

          カワゲラ

           

           

          20140618p07.jpg 20140618p06.jpg
           

          鬼チョロだもん、でっかいのでちと怖し(笑)。キンパクは見たことないかな?本来のキンパクは黄色の体形のコグサヒメカワゲラを指すそうです。いまは、なかなか採取できないらしいっす。

           

          ●トビケラ

          これが一番なじみ深いですかね。本流に近い溪相には一年中居ると思います。毛鉤で釣れないなら、これを刺して「半毛鉤・半川虫」のダブル効果で釣れますよ!?ほんとうかにゃ(苦笑)。

           

          20140618p02.jpg 

           

           

          そうそう、実際の川虫にはたくさんの種類がありますよね。それを見せてくれるWEBがありましたので、ご紹介です。

           

           水生昆虫が面白い

           

          20140618p01.jpg 

           

          川虫(水生昆虫)が居るからこそ!渓流魚も生息可能です。すなわち、河川環境は大事なことだな!と改めて感じましたね。

           

          おしまい


          どでかい・でっせ

          0

            これ、でっかいどう〜!!運転手ですぜ。この雑誌から引用しました、見てください。唖然なりよ・凄しなりよ(*_*)(@_@)(*_*)

             

            ○参照 つり人 201010月号

             

            20130529p01.jpg 

             

            9月は最大のチャンスですかね、大物釣りには(汗)。なんせ、釣ったことないので、わからんちんよね^^;

             

            20130529p02.jpg 

             

            栃木県/那珂川 体長57cm サクラマス

            釣り人 上谷泰久さん エサ釣り ハリス0.8


            20130529p03.jpg 

             

            ○栃木県/那珂川 馬頭地区 体長57cm サクラマス

            釣り人 田子文夫さん エサ釣り ハリス0.8

             

            20130529p04.jpg 

             

            埼玉県/荒川 体長32cm ヤマメ

            釣り人 千島克也さん エサ釣り ハリス0.8

             

            20130529p05.jpg 

             

             

            ね・ね!凄しなりですなぁ〜(^_^)、関東の渓もあなどれませんね。そして、こんなタイトルが・・・新潟県に突入して大物釣ってこいと命令したのは下田さん(笑)。それを実行したのは・・・なんと・・・大沢店長でありやす(^_^)v

             

            20130529p06.jpg 

             

            ○新潟県/加治川支流 尺イワナ

            釣り人 大沢健治さん エサ釣り ハリス0.8

             

            20130529p07.jpg 

             

            渓を熟知しているからこその大物ゲットですね、ぱちぱちぱち(^^)。この本を読み返したら修筆されていました。で、運転手が大物を釣りたい「魚野川本流」ですが、すでに大きいのが釣れています。

             

            ○新潟県/魚野川 49cm 雪代イワナ ルアーだと?思います

             

            20130530p11.jpg 

             

            どこの情報!?えへへへ、ひ・み・つ!と言いたいのですが、SHIMANOのルアーのインストラクターされている方がペンション経営されており、そこのブログにタイムリーな情報が満載に掲載されています。これを見ながら寝るのが、精神衛生上とってもいいっすな(‘_’)。一度、見てください。
             

              ○ペンション「アンティーズハウス」のHP

             

            尺物とはいいませんので、泣き尺クラスでいいので数本は釣りたいと「天に願う」運転手でありますな。

             

            おちまい


            すっぽんぽん

            0

              なにが!?えへへへ、運転手です。釣り針の実験のネタをまたまたカキコです。

               

              ○参照書籍 つり人 20135月号

               

              20130509p01.jpg 

               

              この記事ですよん。

               

              20130509p04.jpg 

               

              なんと、川虫をハリの上に出してエサ釣り実験したそうです。これでお魚さんはバイトするのか?ふむ、おもろい企画です。あの井上聡さんが神流川で挑戦しました。

               

              20130513p01.jpg 

               

              エサはキンパクだけでやったそうです。C&R区間や奥の放流していない場所も含めて。

               

              20130513p03.jpg 

               

              その結果をまとめたデータがこれです。

               

              20130513p02.jpg 

               

              口の中以外に掛かったものはスレとして除外し、運転手のいつもの打率で表現すれば・・・

               

              62打数6安打の打率1割というところですね。やはりハリをすべて見せて釣るには、ちと問題があることがわかりました。

               

              毛鉤も同様ですかね?あまりハリのシャンクが長い、逆に言えばハックルや胴が短いと、良くない可能性がありますな。だからこそ、ハックルの大きさに応じてハリの番手をかえるのが妥当だというところでしょうね。

               

              そしてもう一つ、とってもオモロイ記事もありました。なんでも、フライの名人はハリ先を鋭く研いで、ヒットの確立をあげているそうな(^_-)

               

              20130509p13.jpg 

               

              なるほどです。見えないところでキチント工夫されていることがわかりました。やるもんですね

               

              あの鋭敏なお魚さん・・・それでも・・・毛鉤を直前で見切ったり、あるいはハリが、まるっきり出ていても・・・ヒットするときにはヒットします。とってもよくわからないことが多いです。頭脳明晰なのか?はたまた運転手のように、少しボケがあるのか??

               

              とにもかくにも、お魚さんが掛かると超ウレシイ運転手です。

               

              おしまい 


              ハイポテンシャル

              0

                どこでもテンカラ!できるなら一発逆転尺物狙いの運転手です。アホだからさ(笑)。「一発!」てな言葉には弱いのよね。

                 

                さて、この書籍から引用です。ぜひ購入してくらはい。とっても参考になります。
                 

                20130326p01.jpg 

                 

                長谷川哲也さんの記事です。

                 

                20130403p03.jpg 

                 

                魚野川のお写真(小出付近はもっと大川の溪相)

                 

                20130403p05.jpg 

                 

                魚野川本流はハイポテンシャル。尺以上の大物が期待できると書かれています。ふんが!行くぞ・釣るぞ「魚野川」内容をちとご紹介すると・・・。

                 

                1.43cmの山女魚、52cmの岩魚そしてタモに収まらない60cmクラスのニジマスをとっている。(凄し!しかし4年も通いつめてだから、そう簡単には無理なことはよく判りますね。)

                 

                2.上流は湯沢地区〜下流は堀之内地区まで。湯沢地区は一抱えほどの大石が点在し、段々瀬が連続する。塩沢・六日町地区になると頭大の石が多くなりフラットな流れになる。

                 

                3.ベストシーズンは雪代がおさまる5月下旬から鮎釣りが解禁になる7月初旬。

                 

                4.ポイント

                ・テトラなどがある

                 ・護岸の際

                 ・カケアガリ

                 ・合流点

                 ・大石が水面にでているなら、後方のYパターン

                 ・大石が沈んでいるなら、石の前が1級ポイント

                 

                20130403p04.jpg 

                 

                5.仕掛け

                 ・9mの本流竿

                 ・道糸は0.8号

                 ・だが、大物を狙うときには1.2号。(ふむふむ一緒♪)

                 

                6.立ち位置

                ポイントの正面に立つ。下流側で掛けてしまうと、食い込みが悪く、ハリが外れやすく、サオがのされてラインが切れたりとトラブルのもとになる。

                 

                7.釣り方

                オモリの選択が重要。底に入る程度のオモリでナチュラルドリフト。これで反応がない場合には、オモリを重くしてドラッグをかけて、ゆっくりと流す。

                 

                20130403p06.jpg 

                 

                大石の手前にきたら穂先の送り込みをやめると、エサが吹き上がるようにスイングする。大物は沈んでいくエサよりも吹き上がるエサに反応しやすいと思う。

                (これ!運転手の経験と一緒。間違いなかったと一人で感動・感激であります)

                 

                 

                ね!エサを毛鉤に交換すれば「本流長竿テンカラ」になります。また、テンカラ竿でも同様にオモリをつけてやれば十分可能なことがわかります。

                 

                ●本流の肝●

                 

                  スイングさせ、毛鉤を吹き上がらせる

                 

                むふふふ♪ポイント図が出ていましたが、そこは今季は無理でしょうな、みんな入るからね。別のポイントでガッチリと頑張る所存の吉田毛鉤会本流部アホタレ運転手でした。えい・えい・お〜〜^^;(‘_’)^^;

                 

                おちまい


                大物さんの条件

                0

                  大物は・・・実績のある渓流を選択することが無難で有り、逢える確率は高いと考えます。で、大物のよく釣れる河川といえば関東では「利根川」・「鬼怒川」や「魚野川」だと思います。われら、今年は「魚野川」をターゲットにして巡回攻撃をする予定なり、運転手です。

                   

                  本流は・・・こんな感じですかね。

                   

                  20130222p01.jpg 

                   

                  ○2・3回で諦めない!実績のある川は大物を育てる要因を満たしている。

                   

                  20130222p02.jpg 

                   

                  ○あえて、入る場所、すなわち「川見の時間を多くとる」。

                   

                  20130222p03.jpg 

                   

                  ○じっと見ていると流れの筋が見えてくる。

                   

                  20130222p04.jpg 

                   

                  ○水深・底石の有無・川底の起伏。とくに流れの前後に大場所があるポイント。

                   

                  20130222p05.jpg 

                   

                   

                  てなところでしょうか?

                   

                  ●大物が出る条件

                  1.雨で増水して濁りが少し入ったとき

                  2.増水後の濁りがとれて、水が引いてきたとき

                  3.何日も雨が降り続いたが、増水したままだが水が澄んでいるとき

                  (平水時には釣りにならないような場所で思いがけない大物がヒットする)

                   

                  20130222p06.jpg 

                   

                  エサ釣りから見たら・・・

                   

                  ●夏場の渇水の時期では

                  1.朝まずめでも、まだ目印が見えないような薄暗いときがベスト

                  2.ヒットしても暗いためか、暴れかたがおとなしく取り込み容易

                  3.昼間とちがい上層に定位しているので、軽いオモリで攻める

                  (テンカラでは、通常の毛鉤で勝負できる)

                  4.クロダイ夜釣りで用いるケミホタルのルミコを目印替わりに

                  (テンカラでも、できそうですね)

                   

                  ということで、タフマン飲んでガンバルマン♪

                   

                  参照はこの書籍です。

                   

                  20130214p00.jpg 

                   

                  おわり


                  古代の釣り針

                  0



                    解禁まであと3日


                    渋谷はいいですなぁ〜!恋人達が歩いています・・・で・・・われは一直線に歩いて、こんなものを購入してきやした。いやぁ〜〜ん「ピンク」だぜ♪





                    Sさんいわく、「風の強弱でラインをかえるといいですよ」。ふむふむ、また衝動買いしてしまったかにゃ(笑)。が!このラインすげぇ〜〜伸びますフロロなのに、ビックリです。解禁の第一投は、このラインですな。

                    さてさて、話はかわり・・・釣り針がなきゃあ〜お魚さんは釣れませんね運転手です。古代でも魚介類はたくさん食べていたことがわかっています。おそらく最初は海に潜って「ヤリ」で突いていたと思いますが・・・いつ頃ですかね?・・・釣り針発明し、糸つけて釣る方法。

                     

                    古代・・・三内丸山遺跡と頭に浮かび・・・このHPを覗きました。

                     

                     20130228p01.jpg

                     

                    ○三内丸山遺跡

                    今から約5500年前〜4000年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていた。

                     

                    平成4年からの発掘調査で、竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人の墓、子どもの墓、盛土、掘立柱建物跡、大型掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡などが見つかり、集落全体の様子や当時の自然環境などが具体的に判明。

                     

                    また、膨大な量の縄文土器、石器、土偶、土・石の装身具、木器(掘り棒、袋状編み物、編布、漆器など)、骨角器、他の地域から運ばれたヒスイや黒曜石なども出土している。

                     

                    ヒョウタン、ゴボウ、マメなどの栽培植物が出土し、DNA分析によりクリの栽培が明らかになるなど、数多くの発見が縄文文化のイメージを大きく変えた。平成1211月には国特別史跡に指定されている。

                     

                     

                    なるほろねと思いこの中の「重要文化財写真」というカテゴリーがあったので見たら・・・発見!・・・「釣り針」。これですがね!

                     

                    20130228p02.jpg  20130228p03.jpg

                     

                    1.シャンクの後ろが現在のハリのようにカーブしてますね、またバーブレスフックでした(唖然)。

                    2.ゲイプの幅が広いのと狭いのとがある。これ?まるで今のハリと一緒ですなぁ〜。どちらが食い込みいいのか・バレやすいのか?を縄文人にヒアリングしたいと思う運転手です。

                     

                    で、よ〜く見たら・・・アイ・・・のところです。なんやら加工した痕がありませんかね。

                     

                     20130228p100.jpg

                     

                    ここに糸(ハリス)を巻き付けたと考える運転手です。ということで、次の疑問は・・・「糸」って・・・どんな物を使っていたのでしょうか?

                     

                    おしまい


                    一等地に入らない

                    0

                      おは!わが王国のキャッチフレーズに誤りがありましたので、ここに訂正させていただきます。



                      あははは!真実をとらえておりますぜ、旦那(大笑)。

                      ○一等地に入らない

                      ほえ?なにが!?・・・そうです、ここ大事なキーワードですね。われら釣り人から見て1級ポイントと呼べるところに居ないのが「大イワナ」。で、誰が見ても1級ポイントと思われる一等地の頭に入るのが「大ヤマメ」とのこと。

                      なるほろ〜、深いお話で(汗)。ここでは、大イワナについてカキコです。

                       

                      20130223p01.jpg 

                       

                      体長40cm以上の大岩魚さんが育つには最低4年以上かかり、全体の1%にも満たない貴重なイワナさんだそうです。釣るための秘訣としては、大岩魚さんがエサを捕る場所を見つけることが重要とのこと。

                       

                      ●春

                      流芯からハズレタ流れでエサを捕食している。とくに、底石などによってできる流れの巻き返しはエサが同じ場所を廻っているので最高のポイント。また、水深(1.5m程度)があり、大石などの隠れ場所があるところ。大岩魚さんは底に居る川虫を直接食べることもあるので、底狙いが重要である。

                       

                      ●盛期

                      大岩魚は流芯のある一等地には定位せず、常に障害物の側など流れの緩い脇のほうに着いている。一等地は2番手か3番手のイワナが陣取っているそうな。一級ポイントに良型イワナが数尾見えることもあるが、それ以上の大物は別の場所にいることを肝に銘じることがキーポイント。

                       

                      なんでも、大岩魚さんが流れてきたエサをとりに動くと、2・3番手のイワナはその場からすばやく移動し、大岩魚さんにゆずるらしいっす(驚)。

                       

                      ●秋

                      大岩魚さんはナワバリを捨て、産卵場所やペアリングの相手を探しながら遡上する。この時期が最高に釣るチャンスである。

                       

                       

                      なるほろ〜〜お勉強になりました。ネタはこの書籍から引用しました。

                       

                      20130214p00.jpg

                      おちまい 


                      | 1/2PAGES | >>