calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

深夜のトイレ回数

0

    あれ??もう今年も終わりであります。かなりのオサボリしてました(大汗)。なんせ、最近「体操教室」へ通って「体力回復」に頑張っているところです♪

     
    20151223x (3).jpg
     

    ご存じのごとく、運転手は「真性の糖尿病」(笑)ですなぁ〜(涙)。なんでも、厚労省によると、実に国民の6人に1人が糖尿病予備群だそうです。

     

    糖尿病になると体の水分が尿として出てしまうので、夜、頻尿になったり、異常にのどが渇いたりする。また、糖尿病患者は高血糖がもとで毛細血管がやられ、神経障害をきたします。足の裏がジンジンする、感覚が鈍い、足がつりやすい人は、糖尿病の可能性がある。ひどい人は足をケガしても痛みに気づかず、そのまま傷口が化膿して壊死し、足全体を切断するケースも多い!

     

    糖尿病は別名「ペットボトル症候群」とも呼ばれるそうで、運転手もそうでしたが・・・つい清涼飲料水やスポーツドリンクを飲みすぎて、砂糖を多量に摂取してしまう人が非常に多い。これらの飲料は500ml3050gの砂糖が入っている。水代わりに一日中飲んでいたら、アウト!!!とのことですな。

     

     20151223z (1).jpg

     

    こんな症状が出ていたら、糖尿病の危険性100%でっせ。

     

    ●のどが異常に渇く

    ●深夜トイレに2回以上行く

    ●両足がしびれる

    ●歯周病を繰り返す

    ●おできが出来やすい

     

    この症状、にゃんと運転手にはすべて当てはまっていましたぜ、ダンナ(T_T)

     

    現在では年間3000人が、糖尿病が原因で足を切り落としているとか。ここまで多くの人が糖尿病を患う理由の一つは、糖尿病は罹患してから5年ほどは症状が出ないことが挙げられるそうです。

     

     20151223z (2).jpg

     

    まったくもって、そのとおりなのであります。運転手も5年目に心筋梗塞になりましたもんね(‘_’)^^;(‘_’)

     

    健康診断はキチント受診し、その結果を真摯に受け止めないと運転手のようになりますぜ。

     

    おちまい


    虫歯菌

    0
      ほいな、虫歯のお話ですよん。
       
      虫歯はどうして起きるのか!?虫歯菌(ミュースタンス菌)によって歯が溶けるのは、菌の作り出す『酸』が原因だとのこと。
       
       20151121d02.jpg
       
      ミュータンス菌は、砂糖や炭水化物などの糖質を分解して、「グルカン」という糊のようにネバネバして、くっつきやすい物質をつくる。このグルカンが、歯の表面に張りつくと、そこにミュータンス菌をはじめ、口の中に生息するさまざま菌がくっつき、細菌の塊である「プラーク(歯垢)」をつくるとのことですな。
       
      そして、プラークの中のミュータンス菌が、食べ物や飲み物に含まれる糖分を取り込むと、酸をつくり出して、歯を溶かしてしまうらしいっす!
       
       20151121d03.jpg
       
      なんでも、このミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。では、どこからやって来るのかというと、唾液による感染!親をはじめ周りの大人たちが、自分が使ったスプーンやお箸で、赤ちゃんにものを食べさせたりすることで感染し、そのまま棲みついてしまうとのことです。
       
      ミュータンス菌は、一旦口の中に入ると、完全に取り除くことは困難です。そして、ミュータンス菌が増えすぎると、虫歯ができるようになるそうな!
       
      ということは・・・野生動物には虫歯がないとの報告があるとのこと(チンパンジーなど果物を良く食べる種には虫歯ができることがあるそうですけどね)。旧石器時代の人類の化石にも虫歯はほとんどなかったそうな。へぇ〜〜!!
       
      で、研究者によると日本の縄文人の虫歯率は約8%。これは、世界の狩猟民族が約3%の虫歯率であるのに対しかなり高率ですぜ。このことからも縄文人がドングリやクリなどの「炭水化物(糖質)」を多く摂取していた食生活が推測できますな。
       
       20151121d01.jpg
       
      さてさて、その後の弥生人の虫歯率は約18%で世界の中でもダントツ!とのこと。西洋では西暦1000年頃までは約3%であったが、サトウキビが西洋社会に紹介されたことを契機に虫歯率が大きく増加し、約25%になったとあります。
       
      ミュータンス菌を減らすには?どうするか!?ミュータンス菌を、口の中から完全に取り除くことは困難らしいですが、予防法はこの3つだそうですぜ。
       
      ●フッ素
      虫歯を予防するには、フッ素入りの歯磨き粉やジェルを毎日使うようにする。さらに、3ヶ月に一度くらいの頻度で、歯科医院で「フッ素塗布」をしてもらうのが効果的。
       
      ●キシリトール
      食後にキシリトールガムを噛めば、唾液の分泌が促されて、酸が中和されたり、再石灰化が促されたりする。ただし、キシリトールガムなら、何でもいいというわけではなく、キシリトールが50%以上含まれているかどうか?キシリトール以外の甘味料が含まれていないかどうかをきちんと確認する必要がある。
       
      ●歯のクリーニング
      ミュータンス菌の温床になるプラークは、そのまま放っておくと、菌が増殖して「バイオフィルム」というバリアのような膜をつくる。しかし、このバイオフィルムは、粘着力や耐性がとても強いので、歯磨きをしても、落としきることができない。完全に除去するには、歯科医院で定期的に歯のクリーニング(PMTC)を受ける事が有効。
       
       
      ・・・運転手、これらを知っていたら入れ歯にならなかったのに(大涙)。いまさら知識として知っても遅かりし也!アヘ。
       
      おちまい

      健康弁当

      0

        コンビニの弁当やレストランのメニューに、国の基準を満たせば「健康な食事」マークを付けられる制度を厚生労働省が導入しようとしていたが・・・なんやら先送りされたそうですよん。その理由は!?

         

        ●「健康な食事」認証制度の概要

        コンビニやスーパーなどで売られている弁当や総菜が国の基準を満たしている場合、企業や店舗が認証マークを使用することができる。具体的には、成人の1食当たりの栄養摂取基準は主食を炭水化物40〜70グラムとし、玄米など精製度の低い穀類を2割程度含むと規定。1食のエネルギー量は650キロカロリー未満、などとしている。

         

        これがその認証マークだったらしいです。

         

         20151117b02.jpg

         

        1.【主食の基準】白米のみの弁当にはマークが付けられない

        批判が目立ったのは、主食に関する基準。1食当たり300キロカロリー未満で、食物繊維摂取のため「玄米や麦など精製度が低い穀類を2割程度含む」とした点で、この基準では白米のみの弁当にはマークが付けられない。

         

        白米の弁当にマークが付けられないのは、白米に不健康なイメージを与えるとの意見。もっとも、「玄米が2割も占めると白米の生産に影響がでる」といった意見が出たそうで。なるほろね!

         

         20151117b01.jpg

         

        2.【食塩の基準】梅干しや漬物が入れられなくなる

        食塩を1食当たり3グラム未満とした基準がある。「この基準では、梅干しや漬物が入れられなくなる。梅干しには健康にいい成分も含まれる。消費者に誤ったメッセージとなりかねない」と懸念する意見。ふむふむ!

         

         20151117b03.jpg

         

        ということで・・・白米と漬物の「販売売上」が減るのは困りますもんね!!アヘ

         

        おしまい


        喫煙絶滅危惧種

        0

          当たり前ですが、未成年者がタバコを吸うことは法律で禁止されている。しかぁ〜〜し!昔はよく吸っていましたね、高校生の運転手もね♪

           

           20151116a06.jpg

           

          北海道で調査したところ、1996年度に「直近の1か月で喫煙した」と答えた高3男は49%いたのに対し、なんと今では3.0%まで減っていたことがわかったそうです(唖然)。

           

           20歳になったらタバコを吸う」と答えたのは5%だそうで!!

           

          高校生がタバコを吸わなくなったのは北海道に限らない。厚生労働省の「2007 年度お酒とタバコについての全国調査」によれば、96年度調査でタバコを吸った経験のある男子高校生は51.9%、女子高校生は33.5%に対し、07年度はそれぞれ24.8%、15.1%に低下している。

           

           

           「タバコを吸う人はダサイしカッコ悪い」

           

           

          なぜこれほどまで喫煙する高校生が少なくなってしまったのか!?。

           

          1.健康志向のなか社会的にタバコに対する意識が変わり、生徒たちの親や、周りにいる先輩などの禁煙が進んだことでタバコと接する機会が少なくなった。

           

          2.タバコを買おうとしても自動販売機では身分証にあたる「タスポ」が必要で、コンビニに行くと年齢確認をさせられる。

           

           20151116a07.jpg

           

          あいやぁ〜!とっても真面目な現代の高校生達ですね(超驚愕)。

           

          我々が高校生のときには・・・

           

          1.放課後はパチンコ屋さんへ。この当時は立っていましたぜ。そして、手で一個一個パチンコ玉を穴に入れ、レバーを引いて打ってましたよん。

           

           20151116a05.jpg

           

          2.外国タバコが交換できる程度になったら、すぐ景品所で交換であります。

           

          3.昔は、ほぼ!?パチンコ屋さんの二階は喫茶店になっていましたね。そこで早速みんなで「聞き酒」ではなく!「吸い比べ」してました。

           

           20151116a04.jpg

           

          はいな!学生服で堂々と吸ってましたね(汗)。たまに先生達が見回りにくるんですけどね!当然、見つかれば自宅謹慎とか停学でしたけど、スリルを楽しんでいましたぜ(*_*)

           

          あ!もっともこんな高校生であっても・・・

           

          夏はこんな感じだったかな。ワン

           

           20151116a03.jpg

           

          そして冬は編んでもらったマフラーを首にまいて。ニャア

           

           20151116a02.jpg

           

          あああ!ワレと同様な年代の男の子は、喫煙しながら「青春」を楽しんでいたと思いますけどね?

           

          おちまい


          低カロリー甘味料

          0

            ほほい!糖尿病と心筋梗塞を発症しても生きている!!とっても強運な運転手であります。紙一重で復活していますが、ほんとうは・・・こうなる確率90%だったと思っています。

             

             20151110z (1).jpg

             

            さて、砂糖以外の甘味料の特徴は?そして、どれが安全でどれが危険?リサーチしてみましたよん。

             

            砂糖の代用となるものは4つのカテゴリーに分けられ、人工甘味料・糖アルコール・自然の甘味料・サプリメントの4種類とのこと。

             

            なんだかんだといろいろ説明しないとダメなんでしようが、簡単な結論としては「人工甘味料」はよくない!ということは理解しましたね。低糖商品とかダイエット商品にはいっているケースもあるのでキチント調べないといけませんね。

             

            アイスコーヒーが大好きな運転手は、退院してからは低カロリーな液体タイプをシロップの代用品として飲んでいました。

             

             20151110z (2).jpg

             

            で、運転手は糖尿病の弊害というか合併症が発生していました。

             

             20151110z (4).jpg

             

            一日中、両足がしびれる「末梢神経障害」です。医者からはこれを改善するお薬も処方されていましたが、かなりの違和感があり寝てても「しびれ」が強かったです(T_T)

             

             20151110z (5).jpg

             

            ひょんなことから・・・運転手が使用していた液体タイプの低カロリー製品は神経障害を起こすらしい!?てなことを知り、甘くない無糖のアイスコーヒーを飲むようにしました。

             

            な・なんと!そしたら10日ほどで大幅に「末梢神経障害」が改善されましたね。いまでも、両足にしびれはあるのですがそれほど気にならないようになりましたぜ(^^)

             

             20151110z (3).jpg

             

            この低カロリー商品を販売するWEBを見たら、キチントその成分が表示されていました。ただ、商品説明を見ると・・・「野菜や果物にも含まれるアミノ酸から生まれた、まろやかな甘さでカロリー90%カット・糖類ゼロの低カロリー甘味料です。」と書かれています。

             

            また、詳細説明ではアスパラガスに多く含まれるアミノ酸と肉類・魚類などに多く含まれる必須アミノ酸からなる甘味料とのこと。健康な成人が使用するには問題ないのかもしれませんが、運転手のような神経障害を持っている人は、使用しないほうが絶対いいですね!!

             

            糖尿病になると完治はありません!!!王妃から日々キビシク指導・指示されている運転手であります(涙)。でも、心の中では感謝していますよん♪

             

            だけど、明日死ぬ!とわかればこれがやりたいでぇ〜〜す(*^_^*)でへへへ。

             

             20151110z (6).jpg

             

            おしまい


            砂糖と飲料水

            0
              にゃあ〜!?糖尿病のからふる運転手であります。ということは・・・甘い物は食べれません。ケーキ・和菓子やジュース等、王妃にきつく飲食禁止を言い渡されておりますぜ。そうそう、果物もいけないのであります(-_-;)
               
               20151109m (1).jpg
               
              運転手の大好きな「たい焼き」・「どら焼き」を食べれないのが、とっても無念でありますな(T_T)あんこが尻尾まで入っていても・入らなくても、どちらもOKですよん!ワン。
               
               20151109m (4).jpg
               
              さて、WHOの2003年レポートによると摂取量の勧告として「砂糖は1日の摂取エネルギーの10%に抑える」ようにとのことです。で、健康な成人一日の摂取量を2,000kcalとした例だと・・・
              2,000kcal×10%=200kcal/
              砂糖1gは約4kcalとのことなので、200kcal÷4cal=50g/日
               
              砂糖は1日50g以下に抑えなければいけないとなります!!
               
              飲料水500mlあたりに含まれる糖分は?むむむ!多くありませんか(驚)。
               
               20151109m (2).jpg
               
              スティクシュガーの本数で示すと・・・アヘ!
               
               20151109m (3).jpg
               
              ●飲料水(500mlあたり)
              砂糖の量  スティックシュガー(3g/本)
              炭酸飲料   50g       16.5
              果汁入り飲料 47.5g      16
              ウォーター系 40g       13
              スポーツ飲料 25g       8.5
               
               
              どっかぁ〜〜ん!!!
               
               
                       20151109m (5).jpg
               
               
              喫茶店でコーヒー頼んで付いてくるスティックシュガーは1、2本だもんね!
               
              ちょい前まで運転手は生業先で缶コーヒー5本ほど毎日呑んでいましたなぁ〜(唖然)。「微糖」とか書いてあるけど、これだけ飲めばアウトです!!
               
              だから、糖尿病にもなるわけです。知っているんですよ、体に悪いことぐらい。しかぁ〜し、これにトンカツ・天麩羅・鶏の唐揚げとかパクパク食べて毎日タバコを40本吸っていれば・・・やはりいいわけがありやせんね。結局「心筋梗塞」ですもんね!!!
               
               20151109m (6).jpg
               
              なんでも、サッカーの試合の際、選手たちがちょこちょこ飲んだり、体にかけたりしているあの液体も「ただのお水」だそうで!!選手達はハーフタイムにバナナやゼリー飲料等でエネルギーをチャージしているとのことです!
               
              もっとも、1時間以上の運動や大量の発汗、炎天下での作業など、こういった状態の時は、汗とともにミネラルもたくさん失われ、水分補給だけでは体が持たなくなってしまうとのこと。
               
              これらの際は、スポーツドリンク等の適度な糖分やミネラルが含まれているものを摂り入れる必要があるそうです。が!だからといって、ごくごく飲んでしまうと砂糖の摂り過ぎになり、逆に疲れやすくなってしまう場合があるそうな。
               
              運転手なんぞ、このタイプでした!!たくさん飲んですぐ「疲れたぁ〜」と叫んでいたと思います。
               
              ●こんなときのおすすめは・・・
               
              そこでオススメなのが、市販のスポーツドリンクを2〜3倍に薄めて飲む方法だそうです。なるほろね!
               
              運転手は知りませんでしたが、薄目に配合してある赤ちゃん用のイオン水がおすすめです!と聞きましたよん。
               
              やはり糖分の少ないウーロン茶や緑茶のペットボトルが一番よさそうですぜ、旦那!
               
              おしまい

              がん死亡率

              0
                地獄の閻魔様が「お前はまだ来るには早い!生き地獄へ返してやる!!」といわれ・・・日々、王妃の声に震えている可愛い雀さんであります。ワン!?
                 
                2014年に人口10万人あたり何人ががんで命を落としたかを示す「がん死亡率」で、青森県が98と全国最悪だったことが国立がん研究センターのまとめで分かったらしいっす。
                 
                 20151020x (3).jpg
                 
                なんでも、青森のがん死亡率ワーストは2004年から11年連続。死亡率は改善傾向にあるものの全国平均との差は広がり、青森県が掲げる「短命県返上」に向けた課題が浮き彫りとなっているそうですな。
                 
                 20151020z01.jpg
                 
                青森の死亡率は、男性が131、女性が70で、男女とも全国で最悪!。全国平均の79とは19ポイントの差が開いている。にゃんと!死亡率が全国で最も低い長野県(68)とは30ポイントの開きが出てるそうです(驚)。
                 
                ●喫煙率&飲酒率
                 
                厚労省の13年国民生活基礎調査によると、県内の喫煙率は男性が40.3%で全国1位、女性が14.3%で全国2位と高い。
                 
                飲酒量も、1日1合以上を週3日以上続けている県民の割合が男性で51.6%と全国平均(35.9%)を大きく上回り、全国1位となっている。
                 
                ●ほかの原因は・・・
                 
                ・塩分摂取量の多さ
                ・運動習慣の少なさ
                ・野菜摂取量の少なさ
                 
                どき!!!であります。
                 
                 20151020x (2).jpg
                 
                心筋梗塞から蘇った運転手ではありますが・・・
                 
                 ◎喫煙 きっぱりやめました
                 
                 ★飲酒 毎日1合は呑んでおりやす
                 ★塩分 塩辛いのが大好きでぇ〜す
                 ★運動 すぐベッドにごろりのパターン
                 ★野菜 少しは食べるようになりました
                 
                1勝4敗で「がん」になりやすい体質であります(唖然)
                 
                いつも・毎日・朝昼晩と・・・王妃は騒いでおりやす
                 

                「いい加減に、妻のいうことを聞かないと・・・離婚だぞ!!」
                 
                 20151020x (4).jpg
                 
                はぁ〜〜い!?良い子の運転手に明日から変身しまぁ〜す(^_^;)
                 
                おちまい

                脈拍計

                0
                  心筋梗塞でDOWNした運転手、心臓に負担をかけるような運動とかはダメ・ダメであります。
                   
                  当然、走ったりしたら呼吸が荒くなり、心拍数が上昇。すなわち、脈拍数もUPすることに!
                   
                   
                  20151017z08.jpg
                   
                  そこで、普段の生活においても心臓に負担かけないようにしなければなりません。で、その負荷を知るのが「脈拍」。この「脈拍数」を簡単に「見える化」したのが、腕時計タイプの「脈拍計」。(心拍数≒脈拍数)
                   
                   
                  20151017z09.jpg
                   
                  運転手はEPSONのパルセンスを購入しています。
                   
                   
                  20151017z06.jpg
                   
                   
                  20151017z07.jpg
                   
                  安静時の脈拍数は、運転手でも60〜70程度ですが、最大脈拍数はいくらか?実際に走って計測したら心臓STOPするかもしれないのでイヤダ(汗笑)。
                   
                  で、こんな方程式があることが判明。
                   
                   
                  20151017z10.jpg
                   
                  ふむ?歳をとるほどにMAX心拍数は小さくなるのね!!運転手63歳ですので、最大心拍数(脈拍数)≒165と計算されます。
                   
                  心臓にショックというか、高負荷をかけないように管理する必要があると医者から指導されており「心拍数は110程度」、それ以上UPするなら休息すること!。てなことを言われていましたので、腕時計タイプの脈拍計を買ったしだいです。
                   
                  この脈拍計をつけてると、以下のようなことがわかりました。

                  1.ただ歩いていても脈拍が上昇する場合もある。(階段とか)
                  2.トイレできばると脈拍UP・UP。
                  3.溪を歩くと脈拍すぐUP。
                   
                  脈拍が110とか120になり、その数値が継続されると心臓に良くないことは明白です。とくに、テンカラしてるとね(大汗)。ということで、運転手はすぐ休憩しています岩に座ってね(笑)。
                   
                  ひょっとすると!尺山女魚が釣れたら!!脈拍160程になり心臓STOPするかもしれませんね(唖然)。王妃の思うツボであります!?
                   
                  BUT、不都合がでてきました。

                  1.液晶画面が見にくい。とくに、老眼の運転手には!
                  2.TENKARAしてて、サングラスから見るとほとんど見えない!!
                   
                  こんな悩みをもっていたら、カラーDISPLAYの脈拍計が新発売されたそうです。それが、GARMIN(ガーミン)社の225J。
                   
                   
                  20151017z02.jpg
                   
                   
                  20151017z05.jpg
                   
                  こんなお姿をしていました。
                   
                   
                  20151017z01.jpg
                   
                   
                  20151017z04.jpg
                   
                   
                  20151017z03.jpg
                   
                  白基調の盤に黒字の脈拍数が明示されて、とっても・とっても見やすいであります!
                   
                  これポチッとしたいな(喜)
                   
                  おちまい

                  後悔するかなぁ〜?

                  0

                    死を覚悟するような大病になると・・・こんなことを考えるそうですぜ。あ!もっとも運転手も大病しましたが、本人はじぇんじぇん「死を覚悟!?」してなかったのよね(汗笑)。大変だったのは王妃ですな(感謝)。

                     

                     20150922p01.jpg

                     

                    で、こんなことを考えるそうですよ。

                     

                    1.「自分らしく」生きればよかった

                    2.がむしゃらに働かなくてもよかった

                    3.言いたいことは我慢せずに口に出せばよかった

                    4.もっと友達と連絡をとればよかった

                    5.自分自身の幸せをもっと追求するべきだった

                     

                    なんでも、これは特に男性の意見に多かったそうです。馬車馬のように働き続けて家庭を支えてきたことは素晴らしく誇るべきことです。その一方で、自分の子供が幼い頃にもっと一緒にいてあげれば良かったとか、妻に対してもっと感謝して愛情を注いであげればよかったなどと後悔するようです。

                     

                    みなさん!「妻に感謝」でありますぜ!!

                     

                     20150922p02.jpg

                     

                    土佐弁で感謝の言葉を

                     

                    おしまい


                    不都合な真実

                    0
                      ちとカッコイイ題名ですな。この記事にビックリちゃこりんであります。
                       
                       20150601p01.jpg
                       
                      週刊現代の記事です。なんと!「食事制限」はまったく無意味とのこと!!
                       
                      どうも、何を食べても体内のコレステロール値は大きく変化しないそうです。てことは、「卵は1日1個まで」とか・・・いろいろ指導されてきたのに!。
                       
                       20150601p03.jpg
                       
                      簡単に言えば、アメリカではこんな基準はすでに撤廃され、また厚生省のまとめた報告書でもコレステロール制限は推奨されていないとのこと!
                       
                      で、しぶしぶ日本動脈硬化学会も認めたと書かれていました(驚)
                       
                      血圧・血糖値にしろあまり基準値にあるのないのと大騒ぎしないほうがよさそうですね。
                       
                      ふむふむと読んで驚いた中身としては・・・(もうかるのね)これがパアーになれば、会社経営キビシクなりますもんね!
                      1.血中コレステロール値を下げる薬=日本での売上げ年間3,800億円。
                      2.トクホの健康食品=市場規模6,000億円
                      3.このうち、コレステロール値をさげると謳う食品=220億円
                      例 低コレステロール・マヨネーズなどなど
                       
                       20150601p02.jpg
                       
                      ま、食品で食べる物からとるコレステロールでは、血中のコレステロール値にほとんど影響がないとのことなので、普通に食べていれば問題なく、また販売単価の高いトクホ食品に手をださなくてOKとのことですよん。
                       
                      おしまい

                      | 1/6PAGES | >>